園児ニアのメモ

ただのエンジニア。何でも屋みたいな扱い受けてます。

【GAS】Twitterと連携して定期ツイート

GoogleAppScript(以下GAS)からTwitterと連携して定期ツイートするまでを書きます。

GASの用意

GASの始め方がわからない人は過去の記事を参考にしてね。
madgenius.hateblo.jp

とりあえず、用意したらTwitterAPIでPROJECT_KEYを取得するのに必要なので開いたまま次へ

TwitterAPIの作成

TwitterAPIを使用するにはKeyとSecretが必要です。
準備までの手順は以下を参考にどうぞ。
madgenius.hateblo.jp

CallBack URLの部分はGASなので「https://script.google.com/macros/d/{PROJECT_KEY}/usercallback」になるように気をつけてください。
その辺りも上の記事に書いています。

GASライブラリを用意

GASでTwitter連携するためにはKeyとSecretを利用してOAuth認証が必要です。
OAuth認証と言われても結構面倒なのでそれを簡単にするライブラリを用意しました。
導入方法や使い方も書いてありますのでどうぞ。

madgenius.hateblo.jp

GASでツイート

以下がソースです。
ライブラリが入ってないと動きませんが、上で追加していれば動きます。

ELETwitter.TWITTER_CONSUMER_KEY = 'API_KEY';
ELETwitter.TWITTER_CONSUMER_SECRET = 'API_SECRET';
ELETwitter.OAUTH_USER_KEY = 'AutoTweetBot';

function AutoTweet() {
        ELETwitter.TwitterSend("定期ツイートです。");
    }
}
  • API_KEY、API_SECRETはTwitterから取得したものに置き換えてください。

AutoTweet()をタイマーで呼んでやることでタイマーのタイミングで「定期ツイートです。」とツイートします。