園児ニアのメモ

ただのエンジニア。何でも屋みたいな扱い受けてます。

TwitterAPIを利用するまでの登録など

Twitterと連携するアプリやウェブサイトを作るためにはTwitter DevelopersでAppとして登録する必要があります。
登録といってもTwitterアカウントがあれば無料でできるので安心してください。

TwitterDevelopersへ移動

以下より、TwitterAPIが作成できます。
Welcome — Twitter Developers

2017年8月現在ではこんなレイアウトです。
ちょっと前と変わりましたが基本的な配置は一緒です。
f:id:nanokanato:20170828134704p:plain:w300

右上のMy appsをクリック

My appsを開く

Twitterにログインしていない場合はこんな感じ。
ログインしましょう。
f:id:nanokanato:20170828135110p:plain:w300

まだ、Appを何も登録していない場合。
f:id:nanokanato:20170828134843p:plain:w300

すでにAppを登録している場合。
App名や説明は別に見られてもいいものですが、何をしているかバレて恥ずかしいので隠しました。
f:id:nanokanato:20170828135353p:plain:w300

画面の「Create New App」からAppを新規作成できます。

Appの新規作成

新規作成のページではApp名、利用目的の説明、ウェブサイト、CallBackURLの記入があります。
f:id:nanokanato:20170828135809p:plain

  • Name(必須)
    • App名
    • Twitter連携時に表示されます。
  • Description(必須)
    • 利用目的の説明
    • Twitter連携時に表示されます。
  • Website(必須)
    • 開発者のサイト
    • ブログがあればそれでもいいですし、簡単なのはTwitterのアカウントのページです。
    • Twitter連携時に表示されます。
  • CallBack URL
    • アプリ連携の場合は基本未記入です。
    • Botサービスなど外部サイトの場合、利用方法にCallBackにこのアドレスを記入と指示があると思います。
    • GoogleAppScriptの場合は「https://script.google.com/macros/d/{PROJECT KEY}/usercallback」を記入します。
      • PROJECT KEYはGoogleAppScriptで「ファイル > プロジェクトのプロパティ」で表示されたウィンドウのスクリプトIDと同じです。
        f:id:nanokanato:20170828143429p:plain:w300
      • また、PROJECT KEYは以下の画像の赤い部分です。
        f:id:nanokanato:20170828140953p:plain:w300
        URLは「script.google.com/a/hogehoge/d/{PROJECT KEY}/edit?usp=drive_web」となっています。
        最後の「/edit?usp=drive_web」はいりません。

入力したらDeveloper Agreementのところの利用規約に同意のチェックを入れて「Create your Twitter application」をクリック。

Appを登録するとその詳細ページに遷移すると思います。
遷移しない場合はMy Appsから探してください。
f:id:nanokanato:20170828141652p:plain:w300

Permissionsの確認

「Permissions」を選択することでそのAppが使えるTwitterAPIの権限が閲覧、編集できます。
f:id:nanokanato:20170828141920p:plain:w300

通常はRead and Writeですが、Twitterのデータを閲覧するだけでいいならRead only、DMの送信も行うならRead, Write and Access direct messagesに変更してください。
連携時にこの権限を許可しますか?という感じで表示されるので自分以外も使うのであれば適切なものを選びましょう。

KeyとSecretの取得

「Keys and Access Tokens」のタブを選択してください。
f:id:nanokanato:20170828142611p:plain:w300

ここのKeyとSecretの部分を使ってTwitterAPIを利用します。